新倉ミニバスケットボールチームのホームページへようこそ。新倉ミニバスは埼玉県和光市立北原小学校と新倉小学校の児童で構成された女子ミニバスケットボールスポーツ少年団です。ここでは、新倉ミニバスの活動内容や、試合結果、今後の予定を紹介しています。入団に関するお問合せ、練習試合や交流試合のお誘いもメールにて受け付けています。 


更新情報

お知らせ ■ 
('17年06月11日)

カンリニンの不健康自慢ばっかりしてましたらいつのまにやら6月。いつのまにやらスポ少予選も中盤戦へ。
こうやって、時間はあっという間にすぎていきます。
新人戦のころに、望外の戦績を収められたのも、いまはむかし。 
初心に帰って、ひとつひとつのプレイを大切にしてもらいたい季節です。

なんどでも。「試合に出してもらえるのは、何かを期待されてるから。あなたは何を期待されてますか?」


観戦日記
17年06月11日
お母さんの観戦日記----
6月11日(日),スポ少県大会南部地区予選決勝トーナメントが北原小で行われました。関係者の皆様,対戦相手の皆様,どうもありがとうございました。 2試合の勝利,そしてベスト4入り,おめでとうございます!!
両試合とも,後半はハラハラドキドキでしたが,最後までよく持ちこたえてくれました。一人一人の気持ちがしっかり入った試合だったのではないかと思います。一方で,気持ちだけではどうにもならない部分もありましたね。練習で,コーチに教わったことをしっかり身に付けているかどうか,その成果が問われる場だったと思います。また,他チームの素晴らしいプレーを見て,自分たちに足りないものも実感したと思います。この経験を,ぜひこれからにつなげていきましょう!
まずは来週の決勝大会,全力でぶつかろう!!

------------
▼地区大会で上位に残れるのは久しぶりのこと。うれしいことです。でも納得や満足していたら成長はそこで止まります。スコアを見ただけでも、まだまだ伸びしろの多い様子がうかがえました。さて来週は南部地区新人戦優勝チームとの準決勝。相手チームの胸をお借りして、今の新倉にできる最高ののプレイをいたしましょう! がんばれっ!



17年06月04日
▼お母さんの観戦日記(6月4日練習試合)---
戸塚綾瀬小学校にて練習試合が行われました。会場準備や対戦してくださったチーム皆様ありがとうございました🙇
1ピリ2ピリとメンバーを入れ替えてはじめての試合。まだ動きがあやふやで重なってしまったり中継がうまくいかなかったりと色々ありますが、
スクリーンアウト…毎度の課題ですね。味方同士で掛け合ってるときもあります。声かけも、パスを出してからが多いのでワンテンポ遅れてしまいます。コミニュケーション大切ですね。普段から声出していきましょう❗
練習で出来てたことが実際決まると『おおぉ✨』とプレイしてる子供達も気持ちいいと思うし、応援してる保護者のテンションも上がります🎵やれば出来ることも見てきてるので知っていますよ😊沢山発揮できるように頑張っていきましょう😄
--------

▼試合当日に観戦日記をお届けいただきましたのにカンリニンの怠慢でアップが1週間も遅れました。申し訳ありませんでした。



17年05月27日
▼遅れましたが、5月14日のお父さんの観戦日記を更新しました。また6月スケジュールをlアップデートしました。いろいろ遅れて申し訳ありませんでした。 ただでさえ筆が遅くなっているのに、またもやヘンテコな咳に悩む日々。今週末は体験入団もあって、応援にいきたいのですが、来週からのスポ少大会前に万一にも選手に風邪(?)をうつしてもいけないし…。うぅ~ん、ストレスがたまります。新倉MBの活躍でこのストレスを発散させてください。がんばれみんな!



17年05月13-14日
▼週末は北原小学校で市内春季大会。関係者の皆様、ありがとうございました。また松本市長はじめ来賓各位にもお越しいただき、御礼申し上げます。
▼お母さんの観戦日記(1日目)----
今日は和光市春季大会でした。関係者の皆様、対戦相手の皆様ありがとうございます。昨年12月に行われた新人戦から半年。他チ―ムの中にかなり成長している選手が何人もいました。新倉の子達はどう感じたでしょう?危機感?やる気に火がついた? でも感じてるだけでは成長しないままあっという間に時間は過ぎて行きます。また、選手同士声を出しコミュニケーションをとり、チ―ムを盛り上げる!! 残念ながら今日はそれが伝わってきませんでした。声、コミュニケーションは勢いのあるプレーにもつながることだと思います。プレーがまだ思うようにできなくても声は気持ちがあれば出せるはず。明日の試合に期待しています。がんばれ!新倉!

▼お父さんの観戦日記-----
市内春季大会2日目。
練習の成果もあって、チームワークの良いパス回しから、相手のディフェンスをすり抜けシュートが決まった時は気持ちの良いものがありました。しかし、ゴール下でのフリーな状態からのシュートが決まらなかったときは、もどかしさがあります。練習では決まるシュートが本番では決められない。どんな状況でも決められるよう、まだまだ練習が必要だなと感じました。

   
▼なんだかんだの不安がありつつも何とか春季大会優勝することができました。おめでとうっ!
が、しかし。声出しが課題ですか…。そろそろ声出さないと、マジでまずいっすよ。6年生のみなさん。 チーム2012の、チーム2013の、チーム2014の…(以下略)、あのキャプテンやあの6年生たちが、試合中、あなたたちのように声の少ないプレイをしてたかい?声出しコミュニケーションは絶対にバスケに必要なプレイです。ドリブルと、パスと、同じくらいに必要なプレイ。 そろそろ意識してほしい。具体的には試合中にパスするときには100%相手に声をかける。裏を取るようなパスなら投げる前に仲間の名前を叫ぶのはお約束。もうすぐ6月。声出ししないチームは100%弱くなっていきます。保証します。10年もミニバス見てるんだからゼッタイに断言します。声出さないと弱くなりますよ。声を出せばいいだけなんですっ! さぁ、がんばろうっ!
▼PS: 新倉ミニバスの過去のどの代より、素晴らしいのはナンバーコール。これは間違いなくチーム2017が1番です。そこができてるんだからきっとみんなは声出せますよっ!





> 観戦日記をもっと読む




(c)2008-2018 Niikura Mini-Basketball Team. All rights reserved.