新倉ミニバスケットボールチームのホームページへようこそ。新倉ミニバスは埼玉県和光市立北原小学校と新倉小学校の児童で構成された女子ミニバスケットボールスポーツ少年団です。ここでは、新倉ミニバスの活動内容や、試合結果、今後の予定を紹介しています。入団に関するお問合せ、練習試合や交流試合のお誘いもメールにて受け付けています。 


更新情報

お知らせ ■ 
(2017年11月19日)
5年生以下のみなさんへ。今日、新倉ミニバスのホームページにちょっとした変化がありました。どこか分かるかな?
ヒントは試合結果のコーナーです。
6年生以下のみなさんへ。その変化の意味って感じてますか?  カウントダウンが始まったという意味です。1プレイ1プレイ、1試合1試合の意味を、考える季節がついに来たんです。悔いが残らないために何をしなくちゃいけないか、何をしてはいけないか。 毎回自分に言い聞かせてからコートに立ってくださいね。



観戦日記
17年11月19日
▼カンリニンのごめんね日記---
11月03日は那須烏山交流大会、12日はふじみ野カップ。そして今日は朝霞地区新人戦と。遠路各地のチームのみな様、ミニバス関係者のみなさまにお世話になっておりますのに、ホームページが全く手つかずでして。 申し訳ありません。
保護者各位からも試合結果を続々と頂いていたのですが。。 とにかくアップが遅くなっております。本当にごめんなさい。
▼新倉の子供たち、将来、こんなルーズなおじさんにはならないように気を付けよう!(たぶんオジサンにはならないから大丈夫…?)



17年10月22日
お母さんの観戦日記---
和光市秋季大会、始まりました。
大会関係者の皆様、対戦して頂きましたチームの皆様ありがとうございました。
新倉チーム1日目…2勝することが出来ました!日頃の練習の成果は充分に出せたでしょうか? 
勝ったから良かったではなく、良かったプレーは更に努力し、反省する所があったら、一人一人しっかり見直してくださいね。そして練習を頑張ってください!
みんなガンバレー\(^o^)/

----------------
▼秋季大会の最終結果はともかく…。
その通りなんですよね。勝ったからよかった、ではなくって日ごろの練習の成果が発揮できるかどうか。5人みんなで。本当に、バスケットボールは奥が深いです。



17年10月21日
▼お母さんの観戦日記------
和光市フレッシュ大会が、白子小学校で行われました。対戦して頂いたチーム 会場校の皆様 雨の中ありがとうございました。
前回のフレッシュと比べると、パスを回そうと成長の兆しが見られた1日でした
スピード ・パスミス ・キャッチミス ・スクリーンアウト等まだまだ課題は沢山ありますが、来月のフレッシュ大会までには、少しでも出きるように 後1ヶ月間 考え話し合いながら練習に励んでもらいたいものです。
----------------
▼毎年コメントしているし、今年は応援にもいってないくせに「おまいう⁉」なんですが。和光市フレッシュ大会は10年前にはなかった大会。4年生以下の子供たちの試合機会を少しでも増やそうと市内ミニバス指導者、関係者、保護者のみなさんの努力で2009年度に始まった大会。ここ数年は市内秋季大会の前日(週)に開催されることも多く。傍から見てますと「なにも連日(週)、似て非なる大会を運営しなくても。大変すぎません⁉」と畏敬の念以上の想いを馳せて応援してます(今年は…ごめんなさぃ!)
▼各チームの事務局を始め保護者のみなさんも大変なご苦労だと思います。そんなオトナの想いを子供たちが直接受け取る必要はないけれど。大人たちが苦労してよかったと思えるような元気いっぱいのプレイが出たら、OKOKOK! ですね。
▼さぁ、今日からは市内秋季大会。新倉は連覇に向けてがんばりましょう!



17年10月09日
お母さんの観戦日記---
あと1勝で県大会出場、何がなんでも落とせない試合だったのですが、結果敗退。正直悲しい気持ちになりました。
予選大会後半は、どうした事かミスの連続が気になりました、しかも同じミスの繰り返し。
また、それぞれ得意とするもの、やるべき事が全く発揮されていない、
なぜ?
緊張のしすぎ?
気持ちの弱さ?
力の差と言われればそれまでですが、これが限界だなんて思ってほしくない、やれる子達だから。大きな目標を今一つ無くしてしまったけど、次の目標に切り替えて、出発前進。
ズワイガニー(^^)

--------------
▼少し気が早いのかも知れないし、ちょっと踏み込んだコメントなんですが。
かつて「野獣ちゃん世代」と呼ばれたチーム2012は、歴代の中でもとっても元気のよいチームでした。チーム2012は県大会には出場できなかったんだけど、年明けの理事長杯Aブロックで、チームを春日部ウィングハットまで連れて行ってくれました(そこでは残念ながら、ワンゴール差で第3位に。マジで優勝を狙っていた野獣ちゃんたちの涙が今でも忘れられません)。
さて、チーム2017の皆さん。皆さんが次に目指さなくちゃいけないのは、「チーム2012の先輩を超えるんだっ!」という強い意志なのではないかな? 
一つのミッション、残念だけどIMCOMPLETE。 ならば、NEXT MISSSION !
信じてます!





> 観戦日記をもっと読む




(c)2008-2018 Niikura Mini-Basketball Team. All rights reserved.