親のための10の心得
ノルウェーサッカー協会の作成したものを、
島根県バスケットボール協会競技力委員長の森山恭行氏がミニバス用に修正したものです。

 
1.試合や練習を見に行ってあげましょう
子供たちはそれをのぞんでいます
2.試合や練習ではチームのすべての子どもを応援してあげましょう
自分の子どもだけの応援ではいけません
3.調子のよいときだけでなく、調子の悪いときも勇気づけてあげましょう
批判ばかりしてはいけません
 
4.指導者の指導方針を信頼してあげましょう
指導者の批判をしていると子どもの態度に悪影響を与えます
5.キャプテンや副キャプテンなどチームのリーダーを尊重してあげましょう
彼ら彼女らの判断に圧力をかけないようにしましょう
6.審判はインストラクターとみなしましょう
審判の判定を批判してはいけません。バスケットボールの審判は非常に難しいです
 
7.子どもが参加することを刺激し、勇気づけてあげましょう
プレッシャーをかけないようにしましょう
 
8.試合がエキサイティングだったか、楽しかったか、聞いてあげましょう
勝ち負けの結果だけをきくことがないようにしましょう
 
9.クラブの仕事を尊重しましょう
積極的に顧問・指導者・親のミーティングをもち、どのような態度でクラブに臨むべきかを話し合いましょう
 
10.忘れないでください。ミニバスケットボールをするのはあなたの子どもです
あなたではありません
 



 

(C)2008-2018 Niikura Mini-basketball Team. All rights reserved.